生後七ヶ月の赤ちゃん、ぐずったときのあやし方。

生後七ヶ月ともなると、空腹やオムツ以外でも、感情的にぐずることが増えます。

お姉ちゃんにおもちゃをとられてぐずる、少し大人が近くにいないだけでぐずるなど。

一番ぐずられて困る時間が、夜ご飯を食べている時です。

私も早く食べるように頑張りますが、何分かは泣かせっぱなしになってしまいます。

赤ちゃんは早く構って欲しくていっぱい泣くので、更に焦りイライラしてしまいます。

先日も、夕方グズりはじめました。

母乳もオムツも問題なし、抱っこしていれば大丈夫ですが、これでは上の子と一緒にご飯が食べれません。

そこで、私が昔使っていた化粧鏡を赤ちゃんの目の前に置いてあげました。

洗面台の鏡でいっぱい笑っていたのを思い出したからです。

すると、お手頃な鏡にハッと気づいた赤ちゃんは、鏡に向かって一直線にズリバイしました。

そして、それからお風呂の時間まで、飽きることなく鏡で遊んでいました。

鏡を叩いたり、鏡の中の自分に笑いかけたり。

これからもグズったら鏡だな、と決心しました。即日融資キャッシング

1万円台でも天然ダイヤのリングを買うことができる

天然ダイヤというと、もうその名前だけでいかにもお高いものだと思ってしまいますよね。
我々のよく見知ったる大きなカットダイヤのついたリングなんて、給料何ヶ月分?という金額のものばかりです。
なのでダイヤの指輪など、庶民には無縁のものと思いがち。
しかし、よくよく探してみると、案外手の届く範囲で天然ダイヤのリングって売っているのです。
それは、1粒ではジュエリーにならないぐらい小さい粒のダイヤを使ったリング。
小さい粒を集めてはめこんでいるのです。
さりげないデザインで、気取った感じもないのでちょっとしたお出かけに気軽につけられそうなものもあります。
魅力なのはそのお値段。なんと1万円台のものも!
プチプラよりやや贅沢かなーってぐらいのお値段。でもちゃんと天然ダイヤ。
やっぱりダイヤはガラスと違うんですよ、輝きが。
例え米粒以下の大きさのダイヤでも、しっかりカットされていて上品なデザインに仕上げられたリングは、安物とは違い存在感があります。キャッシング 即日審査

思わぬところで友達と一緒、新しいドラムも披露したいな

わぁ、行くの?興味を持っていた麻鈴の体験会に友達も行くとメッセージがありました。麻鈴は陶器で出来た鈴なのですが、小さいし持ち運ぶにも飾るにもいいかなと思って欲しいなぁと思いました。ただ聞いたらお話し会を兼ねた体験会が無料であるとのこと。しかも作家さんの工房で。どうせ買うにしても直接色々聞いてからのが方が愛着がわくかなと思って日程を確認していました。ちょうど来月にやってくれるというので日を空けてあります。日にちは決まっているのですが、時間や詳細はまだなので早く連絡が来ないかな。それにしても友達が来るとは思わなかったので、楽しみが倍になりました。その子は前に買ったことがあるのですが、新しいのをオーダーするみたいでした。体験会がお昼からなので、午前中に待ち合わせてお昼を食べるのもいいねと言っています。ちょうどわたしも新しいグーダドラムを買ったので披露したいな。さすがに麻鈴の体験会で弾けないけど、個人的にその友達の子と会った時に遊びたいと思います。住まいが遠いのでやっぱり会った時に盛り込みたいですよね。

私が子供の頃に無かった物と便利で羨ましく思うこと

私が小学生の頃はまだ携帯電話を持ち歩いている人は、大人でもいなかったので、メインの通話は固定電話でした。
友人との連絡は固定電話を利用して、事前に何時ごろに電話をすると学校で伝えてから電話をするのが決まりでした。その理由は、お互いに親や兄弟などの家族が出てしまわないようにする対策でした。現代ではガラケーやスマートフォンが1人1台持っていてもおかしくない時代で、最近の小学生でも持っている子供も多く、私達の時代にもあれば良かったのにと思う反面で、今テレビで聞くようにイジメなどの問題は昔の方が少なかった気がします。
中学生に上がり、卒業間近を控える頃にはガラケーを持つ子がクラスに1人居る世の中になり、高校に進学すると周りの殆どがガラケーを持っていました。
入学祝に買ってくれるという両親の気遣いがありましたが、その当時は携帯の必要性の意味が分からず、携帯電話の購入よりもお祝いに漫画やゲームをねだったのを覚えています。
結局は高校の卒業間近に購入してもらいましたが、学生の頃に携帯を活用したのは家族との連絡手段だけだったので、当時の私には不要なアイテムでした。
今の現代で、もし自分が学生だったら絶対に携帯は手放せないアイテムになっていたはずなので、その時代の流れの大切さが分かるようになりました。

ADHDだからを理由にしたって許されないことはあるんだよ

ADHDの人が嫌いなわけではないですし理解はしていますが、ADHDを持っているからしょうがないと考えている人はどうかとおもいます。
全然知り合いでもなんでもないのですが、掲示板でADHD持ちの人が叩かれていました。
誰のことなんだろうと思ったら、この前私のツイートにイイネをしていた人でした。
別にフォローされたわけでもないので関わりは持ちたくないなとは思ったのですが、嫌な予感がしましたがやっぱり変な人でした。
会ったこともない人に一方的に好意を寄せていてたくさん気持ち悪いリプライを送ったりしていたようです。
その相手もちょっと変わり者ではあるのですが、そんな人にしつこく何度もリプライをされていて気の毒になってしまいました。
ADHDの人は相手が嫌がることが分からないという特性が出る場合もありますが、だからと言って障害を言い訳にしているのが腹が立ちますね。
同じADHDでも人に迷惑をかけるような人ばかりではありません。
もしこれがエスカレートすればストーカーになると思いますしこの人が逮捕されてもおかしくない気がします。シースリー 効果

洋服選びが難しいお年頃。私のこだわりはこれ!

子どもの習い事教室がショッピングモールの中にあるので、レッスン時間の30分は一人でウィンドウショッピングを満喫します。
百均へ行ったりATMへ行ったり用事を済ませてから洋服を見るんだけど、最近洋服を選ぶ基準が「汗染みが目立たないこと」
ママになってからやたら脇汗が気になるんですよね・・・出産前はそんなこと気にせずに好きな洋服を買っていたのに。
脇汗パッドは使ったことあるけど結局臭いが気になっちゃってダメでした。制汗剤も完全には汗を抑えられないですしね。
それと「腰回りが隠せること」も大切です。
レギンスパンツはウエストがゴムでラクなんだけど、腰回りがくっきり出てしまうのってなんか恥ずかしい・・・。トップスは長めにチュニック丈がベスト。
汗をかいたらすぐに着替えたいから洗い替えが必要だけど、汗染み目立たないチュニック丈ってなかなか無いんですよね。
結局今日も何も買わないまま30分が終了。明日は何を着ようかな〜。いぶきの実 amazon

江戸川乱歩 著 『少年探偵シリーズ』の思い出。

江戸川乱歩が書いた、少年探偵シリーズというものがあります。ある程度の年代の方には説明不要と言えるほど有名ですが、名探偵明智小五郎とその助手をつとめる小林少年、そして少年探偵団が大盗賊の怪人二十面相との知恵比べで相対する子供向けの推理小説です。
子供向けということと出版された年代が古いため、仕掛けはもちろん時代背景も、今読んでみると何やら可笑しみを感じてしまいます。というよりも私が小学生の頃でもそのように思っていたのですが、しかしその当時はクラスを超えて学級じゅうで何故か大流行し、図書室に行ってもほとんど空きの状態だったために、わざわざ市営の図書館まで読みに行き、読みきれなかったものは借りて家で読んだというハマり具合でした。
あの当時、テレビゲーム世代の私達が何故あんなに熱中していたのだろうと今でも不思議に思いますが、しかし振り返ってみると怪人二十面相がどのように獲物を盗み、そして当時の私達とあまり年齢が変わらない小林少年や少年探偵団がどのように活躍し、また名探偵明智小五郎が十八番のように颯爽と現れてどのように二十面相と対峙するのかが面白かったのだと思います。
また、ポプラ社版には大人向けのものを書き改めた内容が何冊かあり、二十面相のときのような雰囲気とは全く違う少々凄惨なシリーズもあったため、マンネリしなかったのかなと思います。懐かしい読書の思い出です。

はじめての北陸新幹線での富山への帰省で驚いた!

先日初めて北陸新幹線を使い富山に帰省しました!
最近は高速バスで帰省していて、新幹線での帰省はかなり久しぶり。
まずたった2時間で東京から富山に行けることにかなり驚きました。
昔は乗り継いで3時間以上もかかっていたので…
なんて便利な時代なんだと思いました。
そして富山駅を降りてみると、周りがとてもきれいになっており、お店もたくさん建ち並んでいました。
観光客も増えたからか、駅自体が賑わっていました。
やはり北陸新幹線の力はすごいですね!
実家に着き、北陸新幹線のことを親にすごいねと話すと、やはり経済的効果はすごいらしく、富山駅近くの土地の地価が上がっていると言っていました。
本当に富山に北陸新幹線が通って良かったなと思いました。
それまではあまりフューチャーされるような県ではなかったですから。
このまま富山のおいしい特産品がもっと全国に知れ渡ってくれたら嬉しいです。
また里帰りもこれからしやすくなるので、これをきっかけに頻繁に帰り親孝行したいと思いました。キレイモ フェイシャル

地元の銀行のバッジを付けた人を都内で見かけた

先日、都内へ出張に行ったときに山手線に乗車したのですが、その車内でスーツに地元の地方銀行のバッジをつけた男性を見かけました。
地方銀行ではありますが、都内にもいくつか支店があるような大手の地銀です。
男性は都内の支店勤務の方なのか、それとも商談などの出張で来ているのかはわかりません。
でも、まさか、都内で地銀のバッジをつけた人を見かけるとは思ってもいませんでした。
もちろん、地元ではかなり利用者が多く、私も以前、普通口座を持っていました。
地元は、過疎というほどではありませんが、田舎なので、自営業だとか小さな会社も多くあります。
なので、地銀は、起業だとか融資などを考えたときに、まずは一度は訪れることになるような存在です。
要は、地元では、他の地銀や信用金庫に比べると、そのブランド力のようなものがあります。
男性のバッジを見て、勝手にちょっと親近感を持ってしまったのですが、昼間に電車に乗っているということは、やはり営業の人なんでしょうかね。

確定申告が終わって、思ったことを書きます。

先日、確定申告が終わりました。
終えなければいけないものを終えられたので、安堵感でいっぱいです。実際は、仕事やら通信教育のレポートやらがあって、それどころではないのですが…とりあえず、安心です。
もし、確定申告の書き方がおかしかったら、税務署から何か連絡が入ることと思います。それまで、仕事などしっかりこなしていきたいと思います。
それにしても、義務感に満ちたものが一つ解決できて、嬉しいです。
今回の収穫は、「お金の流れが」確定申告に関する用語を知らなさすぎだと思いました。
簿記をはじめ、嫌にならない程度(ただでさえ、簿記方面はとても苦手なので)に勉強しておこうと感じています。
毎日ちょっとずつ、簿記について、学んでいきたいです。苦手意識があるので、少しだけ勉強するのです。
1日5分、1日1この知識を増やそうとすると、365この知識が頭に入ります。
他にも勉強しないといけないことがたくさんありますが、少しずつ前を向いて、勉強していきたいと思います。http://www.mattways.org/